可能性を広げたパイオニアの存在

昔は、女性が活躍できる職業というのがかなり限られていたイメージがあるでしょう。例えば、フライトアテンダントがスチュワーデスと呼ばれていた時代、スチュワーデスは女子が憧れる仕事の一つだったはずです。また、企業の受付に座っているのは若い女性と決まっている傾向がありました。その時代の女子がなりたいという職業は、他にもケーキ屋さん・花屋さん保育園や幼稚園の先生といったものが多かったようです。
そして時代が変わり、女性が働くことができる職場は限りなく広がりました。今では宇宙飛行士として活躍している女性がいたり、工事現場で男性に混じって力強く働く女性も増えてきています。もちろん、会社の中で女性が上司だということも、珍しいことではなくなってきているはずです。全日本チームの活躍などによって、プロスポーツ選手を夢見る女子が多く登場してきました。ここまでくると、職業を語る上で性別による違いを含めて語ること自体が、かなり難しくなっているといえるかもしれません。
しかし、それぞれの職場では、女性ならではの苦労をしている人もまだまだ多いのではないでしょうか。特に、男性が多い職場ではそういったことがあるはずです。その職場で女性が活躍することで、パイオニアとしての役割を果たしてくれていると考えることもできます。男性ばかりの職場だったものがそうでなくなったような仕事については、そのパイオニアの役割を果たした人に思いを馳せて感謝することも大事です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.